クリーニング店はどこも同じではありません。洋服好きは必ずしみ抜きの上手いクリーニング店を見つけるべし!

スーツ しみ抜き洗濯芸人うにぞう

日本中のしみ抜き相談をしてきて思う事

こんにちは!しみ抜き洗濯芸人うにぞうです。今回はしみ抜きが上手なクリーニング店はどういうお店なのか?どう探せばよいのか?また、しみ抜き依頼して取れないのはなぜか?という辺りに触れていきたいと思います。

おかげさまで、僕の所には日本中からしみ抜きについての相談がきていますが、メールなど拝見して思うのは、クリーニング店などにしみ抜きを依頼して「このしみは取ることが出来ません」と返されても、諦めきれないほど大切な洋服がたくさんあるということです。

また、そうして返ってきた洋服の多くはきれいにすることが出来る可能性があるということ。これは僕が長年そうした洋服に触れてきて、本当に実感しています。一方で助けることができない洋服も一部ではありますがありました。そうしたものを一つでもなくすために、今でも日々試行錯誤研究しています。

この記事を読んで、クリーニング店の違いや傾向を知ることで、より自分のライフスタイルに合ったクリーニング店を選ぶ参考にしてもらえればと思います。今回はしみ抜き洗濯芸人のコラムですので、しみ抜き技術にスポットを当てて、クリーニング店の違いを知っていただこうと思います。

安売り店であっても、個人店であっても【しみ抜き技術】は個人の力によるものがまだまだ大きいという事実

よく、安売り系のチェーン店ではしみ抜きがうまくないと思っている人がいますが、それは少し違うように思います。逆に個人店だから必ずしも、しみ抜き技術があるということもないと思います。

高度なしみ抜き技術は簡単に取得できるようなものではありません。習得するのに時間もかかりますし、研修費用もかかります。また、しみ抜きは中古品を扱う技術ですので、洋服の状態や生地、色の落ち具合によっては、リスクのある処理になります。

つまり、チェーン店であろうが、個人店であろうが技術のある職人に当たれば、ある程度結果は出せませます。しかし、当日渡しをしているお店ではしみ抜きに時間をかけることができなかったり、リスクがある処理はやらないルールになっているお店なら、簡単な処理しかしないということが決めごとになっている場合もあります。

こうしたお店に難しいしみ抜きを依頼しても、結果が期待通りにならないのは当然です。

また、チェーン店であっても、しみ抜きに力を入れていて、有料で納期を貰ってしみ抜きをする所もありますし、僕のような技術者がいる所に外注という形で依頼しているクリーニング店も多くあります。うにぞうはそういった大手のクリーニング店のしみ抜きスタッフ研修もたくさん行ってきましたし、クリーニング店から失敗してしまった事故品や取ることが出来なかったしみ抜き依頼なども多くあります。

ですから、うにぞうは世の中のクリーニング屋さんが難しいと思っているしみや洋服のトレンドが、他の人よりわかるという利点があります(笑)

大手のクリーニング店はシステムで仕事が動いているので、それに合わないものは省かれてしまう傾向にありますが、資本が大きいため、最新の機械や工場設備で生産性やスタッフ環境が整っているなどなど、結果低料金である程度の品質のものを提供できるという利点があります。

個人店が上手いも都市伝説!?

うにぞうの展開するユニクリーニングも個人店ですから、個人店を応援したい所ですが、個人店だから技術が高いとも言い切れません。先ほど述べたように、結局しみ抜き技術はまだまだ個人の力量による部分が大きいですから、しみ抜きがリスクを伴う仕事である以上、その部分にはあまり深く踏み込まないお店もたくさんあります。店主のモチベーションがそのまま仕事に反映されてしまうということが、最強の武器でもあり、弱点でもあります。

昔はたくさんあった個人店もここ数年、大手チェーン店や宅配クリーニングなどの煽りを受けて、廃業しているお店も増えています。

そんな中で今残っているクリーニング店は、危機感を持って仕事に取り組んでいるお店も多く、僕もしみ抜きの講習会などにお招きいただきますが、とても一所懸命で驚かされます。個人店は大手チェーン店より扱う点数が少ないので、一点に対応する時間も増えますし、品物が印象に残るので、実はお店側も洋服に愛着や思い入れが出来てきます。お客様、受付、作業スタッフの距離も近く、小さいお店の仕事は気持ちがこもっている場合が多いと言えるでしょう。

しかしながら、個人店は販促が弱いケースが多く、せっかく地元に良いお店があるのに、気づかれていないこともあるようです。

もちろん、大きな工場のスタッフの気持ちがこもっていないわけではありません。あくまで、傾向の話ですが、外国人研修生などが入っている場合もあり、モチベーション維持は難しいところ。社内研修などでそうしたことのないように取り組んでいるところも苦労されているようです。

しみ抜き依頼のポイント

しみ抜きは出してみることが一番ですが、ひとつ注意点があります。それはしみは熱がかかってしまうと取れづらくなってしまうということです。どういうことかというと、しみ抜き料金だけにとらわれてしまうと、万が一取れなかった場合、クリーニングしてアイロンで仕上げをしてお返しすることになります(アイロン仕上げしないところもあります)。この時の乾燥やアイロンで熱がかかってしまい、本来取れるはずのしみが取れなくなってしまうことがあります。

ですから、しみを付けたら最初に出すお店を慎重に選ばなくてはいけません。よく、安い所に出して、取れなかったら、しみ抜きの上手なお店に持って行くという人がいますが、それがかえって悪手になってしまう場合もあります。

しみ抜きの上手い店を探すには?

さて、良い店の探し方ですが、ネットの時代ですから、前もってしみ抜きに定評があるかどうかを下調べすることは大切なことだと思います。ただし、ネットでの評価の中には「同業者の嫌がらせ」だったり、お店の説明を理解してもらえないクレーマーに属するひとの書き込みが混在している可能性を忘れてはいけません。多様な価値観で評価が変わってしまう口コミはあくまで参考程度に。

ブログは店主の仕事に対する想いや、人柄なども知ることが出来ますし、Instagramはビフォアアフターに使われることが多いですから、技術的にしてもらえるサービスを視覚化できるので、お店の力量がイメージしやすいと思います。そういったコンテンツを積極的に取り入れて、更新し続けているお店は、やる気も自信もあるお店だと感じませんか?

2021/2月現在

うちもお叱りいただくこともありますが、お客様に満足してもらえるよう、スタッフ一同がんばっております。

他店で取れなかったしみ抜きをお返しして、スタッフからの報告

こんな報告があると本当に嬉しいです♪
クレームは真摯に受け止めなくてはならないですけど、自分たちが誇りを持って行っている仕事なら、喜んでくれるお客様がたくさんいることも忘れてはいけませんね。

お店に清潔感があるかどうか。

これは大切な判断基準だと思います。いつも、お客様の目を気にしているお店は清掃やポップなどの張替えが頻繁です。お客様に気持ち良く来店してもらうという気持ちがある。その意思表示のひとつがお店の清潔感です。ポップはお客様に知って欲しいことですから、色褪せていたり、破れていたりしていては、自分のお店の技術が色あせてしまっているのと同じで感心しません。

しみ抜き専門店の謎

よくネットで検索していると、しみ抜き専門店と表記しているお店がありますけど、ほとんどが普通のクリーニング店で、しみ抜きを専門に扱っているお店ではありません。これ、うにぞう的にすごく謎です(笑)
まぁ、うちはしみ抜き得意ですよ!もしくは、しみ抜きの専門家がいるお店ですよ!という意味なんだと思いますけど、言葉的にはすごく違和感がありますね。あとは、ブランディングの形態として、お店とは別のショップ名でWEBショップを専門店として展開することもあります。←うにぞうもこれやろうかと思ってるくらい(笑)

利用する人からすれば、しみがきれいになれば良いわけですから、特に気にすることはありませんが、その手の表記のほとんどがクリーニング店であることは知っていても良いかもですね。何となく、狐につままれたような気持ちになりかねませんので。

そもそも、しみ抜き後は輪じみになったりするので、それを取り除くためや、使用した薬品を濯ぐ意味でも、クリーニングや全体の洗いが必ず必要です。しみ抜き専門店と謳うことで、しみ抜きの上手なクリーニング店を探しているお客様をゲットしようという作戦はわからなくもないですが、堂々としみ抜きが上手いクリーニング店を名乗るお店が増えてほしい気がします。

ちなみに、僕の個人会社オフィスうにぞうは、業者からの依頼が中心になりますので、しみや色修正だけでお返しすることがほとんど。そういう意味では本当のしみ抜き専門会社といえるかもしれません。

「取れなかったんだから、金は払わない」意外にこういうお客様は少なくありません。しかし・・・

飲食店に入って、自分の口に合わないからといって、料金を払わない人がいたら、どうでしょう?確実に警察に通報ですね(笑)

一般のクリーニング店に出して、取れずに返ってくるようなしみは、それなりにリスクがあると評価された洋服には違いありません。冒頭でも申し上げましたが、リスクがある作業はお客様にもそのリスクが起こった時に納得してもらう必要があり、その了承があるからこそ、僕ら技術者はリスクのあるものでもチャレンジすることが出来るのです。

小さな可能性に取り組むということは、それだけリスクが大きいという事。素人であるお客様自身ができない技術をお客様が購入したわけですから、結果が伴わない場合でも「金は払わない」はナンセンス。だからこそ、信頼できるクリーニング店を探しましょうということなんです。信頼は一方通行では成り立ちません。

中には「取れないんだったら、最初からそう言ってくれれば、頼まなかったのに」なんてことを言うお客様がいますが、しみ抜きはやってみないとわからない作業です。それがわかればこちらも苦労しないんですよ。

長年しみ抜きに携わってきても、思いがけないこと、予定通りに仕事が展開していかないことが、毎日のように起こります。車と違って、部品を交換すれば良いということではなく、お医者さんにかかる患者さんのように、人の数だけ身体の状態が違うように、洋服もその数だけ個性があります。

こちらの説明には耳を傾けることなく、弁償してもらいたいがために、自分の主張だけを一方的に押し付けてくるお客様がいるのは、紛れもない事実。そして、そういうお客様に出会ってしまったクリーニング店やしみ抜き担当者は、その経験がトラウマになってしまい、やがてチャレンジすることをやめてしまい、しみ抜き作業に憶病になってしまっているという現実もあります。だから、これだけプロのクリーニング店が多くても、しみ抜きが上手なクリーニング店というのが少ないのだと、うにぞうは思っています。

まとめ

いやー、正直に話しすぎました(笑) 結局、しみが取れる取れないかは個人の技術にかかっているところが大きいということ。そういう職人さんに出会う確率は、従業員の少ない個人店の方が高いように思います。大手チェーン店はパートの人が担当していたり、その担当者が変わることで、品質が一定しないケースもあります。また、外注として受けているお店もありますが、その場合、かえってしみ抜き料金が高くなってしまうことになります。

ですから、大切なのはしみを付けて最初にお願いするクリーニング店なんです!

ネットで良さそうなお店だなと思ったら、簡単なものや諦めていたものなどを持って、お店に相談してみてください。良いお店はリスクも話してくれますし、しみ抜きだけでなく、総合的にいろんな方法で解決策を提案してくれます。横の繋がりもあるので、特殊な技術を持った人に相談してもらえることもあります。そういった、手間がかかることをお客様が見ていない所で、しっかりやってくれるお店。それが技術の高いお店だとうにぞうは思います。

難しい事例に対しては納期も料金もある程度かかるのが普通で、あまり安価で納期が短い仕事は、クリーニング料金だけ貰いたい、あきらめの早いお店だと感じますよね。僕はあきらめ悪いので、納期内でとことん粘ってしまいます。これは良いことなのか、悪いことなのか。

この話は一冊の本になるほど、深い話です。ここだけではとても書ききれませんね(笑)

参考にしていただけると幸いです。


洗濯料理家事おやじ!!しみ抜き洗濯芸人うにぞうの家事場の馬鹿力!
しみ抜き洗濯芸人うにぞうさんのブログです。最近の記事は「ブログ更新しました!クリーニング産業総合展について!」です。

うにぞうの過去のブログ

クリーニングポケットマナーマンガ

ポケットマナーお願いしますね♪

クリーニングポケットマナー

ポケット確認もよろしくお願いいたします!
お客様自身、スタッフを守るために、とても大切なことです。

CM配信中!

全力お助け隊
友だち追加
ユニクリーニング八雲店
友だち追加
ユニクリーニング中町店

<大人の20世紀サブカルミュージアム!>

ミドルエッジ https://middle-edge.jp/

ユーチューブで動画配信中!


 

技術セミナー、スタッフセミナー、店舗指導、ワークショップ、イベント、テレビ、雑誌監修などもやらせていただいております♪
しみ抜き、お洗濯、スーツ、着物などファッションメンテナンスに関わるイベント企画しませんか?
お店の悩みや販促方法など、楽しくお仕事するお手伝いしみ抜き芸人うにぞうにやらせてください!スタッフの笑顔アップアップ!

メディア
テレビ/裸の少年、有吉ゼミ、ヒルナンデス、思いっきりDON、スーパーJチャンネル、あさイチ、ノンストップ、久本雅美の業界スクープ、ニュースで得する人損する人、沸騰ワード10、ぶらり途中下車の旅、吉田類の酒場放浪記他
雑誌/女性セブン、雑誌begin、女性自身、Popeye他
著書/不入流宇井直樹の簡単しみ抜きマニュアル

◇ユニクリーニング 八雲店◇
〒152-0023
東京都目黒区八雲5-14-18
03-3717-6293
しみ抜き相談 takibi.uni@gmail.com
依頼品はクロネコヤマトの代金引換での対応になります。
メンテナンス料+消費税+代引手数料+送料=代引き料金

◇ユニクリーニング 中町店◇
〒153-0065
東京都目黒区中町1-37-10
03-3792-7707
こちらもご来店お待ちしております。

しみ抜き相談(しみ抜き芸人うにぞうが直接対応します!)
takibi.uni@gmail.com

instagram siminuki_cleaning
Twitter @siminuki_geinin

https://www.facebook.com/UniCleaning/ (中町店)
https://www.facebook.com/UniCleaningYakumo/ (八雲店)

HP https://selena37927707.wixsite.com/unicleanigarde

+3

コメント

タイトルとURLをコピーしました